We are a design consulting company.

生活を飾る

テクノロジーの進化や社会環境の改善によって、人々は余剰の時間を得ました。

しかし、現代の情報社会では多様な選択肢にアクセス可能である反面、情報の波に呑まれ、適切な取捨選択ができない状況も生まれており、余剰時間とどう向き合うかが非常に重要になっています。

ただ与えられたレジャーを盲目的に消費するのではなく、自らの意志で生活を飾ること。

例えば、窓辺に花を生ける。世の中の人すべてが自分らしい時間を見出すことができれば、世の中はもっとイキイキするはずです。

わたしたちは、生活を飾る人が溢れる世の中にしたいと考えています。

事業内容

コンサルティングサービス

ビジネス戦略 デザインシステム開発

自社プロジェクト

  • BLOOM TOKYOお花を贈る体験を再考するサービス開発プロジェクト

    BLOOM TOKYO

    「東京に花を咲かせたい」
    ちょっとした時にお花を気軽に贈りあえる関係。
    チカビでは、そんな素敵な関係が東京から広がっていくことを願って、お花に関わるサービスを開発しています。
    あなたの想いをお花に込めて、誰かに届けてみませんか。

    チカビ×フラワーアーティストMY’S

  • HAPPY DAY TRIP東京近郊の町の魅力を再定義する地方創生プロジェクト

    HAPPY DAY TRIP

    「童心に返る場所」
    東京では待機児童が大きな問題になる中、地方では統廃合が進んでいる保育所。
    チカビでは、使われなくなってしまった保育所を「町の魅力を発信する場」として活用することで地域全体の活性化を図るプロジェクトを推進しています。
    幼少期に持ち得ていた純粋な視点を取り戻し、その町の魅力を全身で楽しんでみませんか。

    チカビ×HAPPY NUTS DAY×市東重明

  • DDFD都市生活者と自然の距離を縮める晩餐会プロジェクト

    BLOOM TOKYO

    「カントリージェントルマン」
    何かと時間に追われて生活している大都市・東京のビジネスマン。
    地方に移住して田舎暮らしを楽しむほど勇気ある一歩は踏み出せないし、海や山でカジュアルに楽しめる趣味も持ってない。
    チカビでは、そんな方々に豊かな自然と食を楽しんでいただく晩餐会を開催しています。
    16世紀のイギリス貴族がカントリーハウスで過ごしていたような豊かな時間を東京近郊でも味わってみませんか。

    チカビ×成田ゆめ牧場×BANANA

  • Herb a good night働く人のためのハーブティー開発プロジェクト

    「ぐっすりよく眠れるハーブティー」
    忙しく働く社会人にとって、睡眠はとても大切な時間。より良い睡眠をとることは、より良い仕事につながります。
    チカビでは、すべての働く人たちのリラックスタイムを作り出すお手伝いをすべく、ハーブティーを開発しています。
    毎日ほんの少しだけ、身体と心を休める時間を作ってみませんか。

わたしたちは複雑性に真摯に向き合います。

これまでビジネスの世界では、様々な実務家や学者によって戦略論が語られてきました。
その前提としては、ビジネスが実に多くの因子がからまりあった結果として生まれる成果だという事実があります。環境変動、社会情勢、政治、経済、技術の進歩、人口変動、ライフスタイルの変化。移りゆく時代の中で、こうした人間や環境の“複雑性”にいかに向き合うかがビジネスを成功に導くための大きなポイントになります。

複雑性に向き合うための3つの行動指針

  • 個別性の重視銀の弾(何にでも効く特効薬)は存在しない

    社会問題やクライアントが抱える問題を解決する際も、自社商品を生み出す際も、使い古されたフレームワークで無理に一般化せず、企業や商品の個別性を重視します。

  • 双方向性の重視社会やクライアントとの対話を通して解に近づいていく

    価値観を一方的に押し付けたり、独りよがりの分析をするのではなく、対話を通して企業や商品が持っている強みや弱み、ゴール等を整理し、生活者の行動を緻密に描き出します。

  • 多様性の重視様々な専門分野のスペシャリストとコラボレーションする

    日本の労働力人口減少と同時に、個人の働き方の自由度が高まっている中で、企業はこれまでの体制や働き方を見直す必要があります。チカビは、これからの日本における組織作りの一例となるべく、少数精鋭のコアチームを軸に、様々な分野の外部スペシャリストや提携企業との繋がりを大切にし、チカビ・コミュニティの形成に力を入れています。